スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

私が生まれたからいけなかったの? <小学校入学まで 

JUGEMテーマ:毒親

 

私の一番古い記憶は幼稚園に入る前。

 

体が弱かった母は定期的に通院。

 

いつも私を連れていった。なぜなら母は耳が聞こえにくい。

 

なのでいつも診察室に私を連れていきスピーカーの役目をしないといけないからだ。

 

まだ診察前、待合室でおとなしく待ってると大人に囲まれた。母の通院仲間だろう。

 

母はトイレにいったのか近くにはいない。

 

「この子よ。この子が生まれてから薬飲むようになったんだって。」

 

え、私が生まれたからお母さんは体を悪くして薬を飲むようになったの???

 

お母さんはみんなにそう言ってるの???

 

それからというもの大人になってまで母の世話は私がやらなければならないと言う呪縛にとりつかれた。

 

また私が何かしたらお母さんは元気じゃなくなっちゃうから。

 

 

これが最古の記憶。

 

 

家族なんだから

JUGEMテーマ:毒親

 

全ての元凶、父親が私に向かって言った言葉。

 

 

『家族なんだから仲良くしなさい。』

 

 

「仲良く出来る人とは仲良くしてるから」

 

そう返すと

 

 

『お前は誰のおかげで暮らせてると思ってるんだ!』

 

 

『弁護士入れるぞ!』

 

 

私は生計を自分で立てているのに、この人はいったい何を言っているんだろう。そして、弁護士入れるって、何に入れるんだ?

 

 

明らかに脅しだ。

 

 

その時、プツンと糸が切れた。

 

 

家族という言葉は私には呪いでしかなかった。

 

 

気がついていたが、それを心の奥底に隠していた。それが一気に沸き上がった。

 

こうやって文字にすることで心の棚卸しをして、この毒家族から脱出することを決めた。

 

この決意まで40年はかかった。

 

今、少しずつ進んでいる。きっと自分は脱出出来ると信じて。

1